訪問歯科診療・出張歯医者選びのサポートをしてくれるおすすめ紹介窓口をランキングでご紹介!【口コミでも評判の在宅治療サービス】

おすすめ訪問歯科窓口

祖母が寝たきり状態に。入れ歯の調整に訪問歯科探し

はじめまして。

都内在住の25歳のOLです。

大好きな祖母が骨折で入院してしまい、退院して自宅に戻ってからは、要介護状態になってしまい、

元々失っていた食欲がすっかり無くなってしまった結果、やせて筋力が低下し、歩行困難でほぼ寝たきりになってしまいました。

やせてしまったためため入れ歯が合わなくなり、食事がとれず痛みもでて、入れ歯の調整が必要になりました。

両親が祖母を歯医者さんに連れて行くことを相談しているのを聞き、「歩けない祖母をわたしたち家族がきちんとサポートできるか?」と、心配になり、「なんとか歯医者さんに往診してもらえないだろうか?」と思って検索したところ、「訪問歯科」の存在を知りました。

「訪問歯科選びの予約・相談窓口」とも言うべきサイトがいくつか存在しており、いろいろと調べるうちに訪問歯科医選びにおすすめしたい優良な紹介団体が判ってきました。

せっかくなので情報をまとめて、介護が必要な高齢の家族がいる方、そして介護事業者や医療従事者の方にも参考にしていただければと思って、このサイトを立ち上げました。

お役に立てれば幸いです。

おすすめ訪問歯科窓口

訪問歯科医師数NO.1!歯科衛生士による医療相談窓口の対応力が高評価

訪問歯科医サービスの中から私がランキング1位に選んだのは、「訪問歯科医119番」です。

本部コールセンターは東京都渋谷区にありますが、東京、神奈川、千葉、埼玉などの関東エリアや、愛知、兵庫、京都、大阪などの東海や関西エリアを中心に訪問歯科サービスを提供しています。

今回ランキング作成にあたってさまざまな団体をリサーチしましたが、その中でもこの訪問歯科119番がもっとも安心で安全なサイトと感じられました。

700名を超えるという会員(歯科医師)との密接な連携に加え、医療相談窓口が歯科衛生士さんなので、即日対応力が高く緊急時にも頼れること、そして歯科医師のマッチングに対しても柔軟に対応してくれるという点が、とても心強く感じられ、私もぜひ利用したいと思いました。

日本国内訪問歯科の元祖であり、全国に展開している

デンタルサポートは、医療による日本の再生をモットーとして掲げているこの企業のもっとも大きな特徴は、日本国内においていちはやく訪問歯科サービスを展開させたということです。

こうした何かしらのサービスのパイオニア的な存在は他に比べて深い知識やノウハウを持っていることが多く、信頼性に関しては高いとみることができるでしょう。

その先進性ゆえか、展開している規模も他業者に比べてかなり大きくなっています。

2019年現在、このデンタルサポートは全国展開している訪問歯科サービスとなっており、国内各都道府県の方が利用できるようになっています。

社団法人が運営する訪問歯科医ポータルサイト

株式会社デジタルクリエイトというセミナー事業や教材販売を行っている会社が運営しており、まずは情報提供することを目的としているサイトのようです。

ポータルサイトというのはいわばネットの入り口のようなもので、このサイトの場合はさまざまな歯科医の情報へアクセスできる「出発点」と考えていただければ大丈夫かと思われます。

先に紹介したふたつの業者とは異なり、このサイトの場合はどちらかと言えば「自発的なリサーチ」に赴きが置かれているようです。

サービス提供側が利用者と医院を積極的にマッチングするというよりは、利用者に適切な医院を探してもらうといった形のようですね。

とにかく自分で情報を検索したいという方、どのような医院があるのか把握したいという方にとっては、相性がよいかもしれません。

業界内での評判が高く、信頼性が高い

利用者にとってはそれほど知名度がないかもしれませんが、高輪会という名前は歯科業界の中では一種のいわゆるブランド的な価値を持っているようです。

40年以上もの歴史を持ち、歯科治療、とくに訪問歯科に関してはとくにかなり大きく力を注いでいます。

実際公式HPを見てみると、高輪会デンタルクルーズの紹介解説に関してかなりページが割かれており、その力の入れようがうかがえるでしょう。

スタッフの研修教育に熱心という点も評価ポイントのひとつで、定期的にスタッフの教育を行い、常に最新の知識ノウハウを習得できる体制を整えているようです。

リピート率の高さが自慢な訪問歯科専門業者

このサービスを運営している企業について調べてみたところ、 株式会社MDCイノベーションという東京都渋谷区の会社であり、訪問歯科の他にもマーケティングや採用関連の事業も手がけているようです。

この訪問歯科Q急隊は、公式HPにおいて高いリピート率を挙げていることをアピールしています。

その結果の大きな要因として、業者側は訪問歯科を専門的に手掛け、高いサービスクオリティを維持できているということを解説しています。

確かに、今回調べたさまざまな業者の中では比較的サービスの質がよい部類に入ると思われ、信頼性に関しても決して低くはなさそうです。

訪問歯科予約サイト。おすすめTOP1は「訪問歯科119番」!


いかがでしたでしょうか。

わたしの独断ではありますが、ランキング形式でTOP5を選ばせていただきました。

結果、第1位は「訪問歯科119番」さんに決定!

■歯科衛生士さんによる訪問歯科診療の相談・受付窓口。

会員(歯科医師)の中から患者さんの要望に応えてくれる歯医者さんが自宅まで訪問します。

じつは、訪問歯科の場合、歯科医師による治療だけでなく、歯科衛生士さんによる口腔ケアも実施するパターンが多いんです。

ですから、歯科衛生士さんが医療相談の窓口をしているというのは非常に理にかなっています。

また、患者さんが訪問歯科診療を速やかに受診できるよう、患者さん・介護者さんに代わり、事前に主治医やケアマネージャーなどへの連絡、および手続き等行ってくれます。

連携がスムーズでありがたいですね。

■急患対応率が約96%と非常に高い

歯の痛みを感じたらまずは電話で相談してみるといいかもしれませんね。

当日・翌日対応の急患にも対応してくれるのもうれしいですよね。

スピーディーに歯科受診が受けられるサポート体制が整っています。

患者さんが、「自分らしく生きることを何よりも優先する」という理念からここの歯医者さんたちは「患者さん本位」の歯科医療を志向しているようです。

訪問歯科119番さんなら、患者さんも安心して治療・口腔ケアをおまかせできそうですね。

■マッチング・リクエストに応じた対応をできる限り実践

「女性の歯科医師を希望」「嚥下(えんげ)の専門医を希望」などのリクエストにも対応できます。

できる限り患者さんの希望に応えられるよう、努力してくれるので非常に心強いです。

お盆・年末年始は相談のみとなってしまいますが、基本9:00~19:00の時間帯で土・日・祝日も対応可能。東京、神奈川、千葉、埼玉などの関東や、愛知、兵庫、京都、大阪などの東海や関西が中心ですが、今後は全国に拡大していく予定だとか。

良心的な相談窓口なので、できるだけ対応エリアが広がってくれるといいですね。

以上が訪問歯科119番さんを1位に選ばせていただいた理由ですが、2位以下の訪問歯科予約サイトも非常にいいサイトですので、記事によく目を通していただき、ご事情にあった予約サイトを見つけて、訪問歯科治療に役立てていただければと思います。

TOP5の情報をまとめて一覧表にしてみました

さて、本サイトではおすすめの訪問歯科予約サイトを比較ランキングにて紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気の訪問歯科予約サイトで、協力歯科医募集にも力を入れているサイトばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各訪問歯科予約サイトの詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ1
2
3
4
5
会社名訪問歯科119番デンタルサポート日本訪問歯科協会
(訪問歯科ネット)
高輪会デンタルクルーズ訪問歯科Q急隊
営業時間9:00~19:00
(土・日・祝日も対応)
※お盆・年末年始は相談のみ
月曜日~土曜日
9:00~20:00
月曜日~金曜日
09:00~20:00
土曜日
9:00~17:00
平日 9:00~18:00平日 10:00~19:00
対象エリア東京、神奈川、千葉、埼玉などの関東や、愛知、兵庫、京都、大阪などの東海や関西が中心だが、今後の全国に拡大していく予定北海道から九州までの全国山形・山梨・石川・滋賀・奈良・和歌山・鳥取・島根・高知・佐賀を除く全国エリア北海道・茨城・埼玉・千葉・東京・神奈川東京・千葉・神奈川。
基本は東京近郊
特徴①医療相談窓口を歯科衛生士が担当しているため、具体的な悩みを相談できる「訪問歯科診療を企業がサポートする」今ではめずらしくないこのスキームを、最初に考案して作り上げた訪問診療をおこなう歯科医療機関と患者及びその家族など、多職種をつなぐプラットフォームを提供することを主な目的として運営している高輪会グループは、日本有数の総合歯科診療スペシャリスト集団。学術研究に裏打ちされたノウハウと技術で幅広い歯科サービスを提供歯科診療の一分野としてではなく、専門的に訪問歯科サービスを提供。経験を積んだスタッフによる円滑で迅速な歯科治療が可能
特徴②会員数(歯科医師数)NO.1だから患者さんや家族の都合に合わせてくれる。

女性の歯医者さんに来てほしい。などのリクエストにも応えてくれる。
日本で唯一全国展開している歯科グループ利用者登録をすると、検索した訪問歯科をお気に入りに追加することが可能。
歯科医院ごとにメモを残したりもできる
「口から食べる、噛む、飲み込む、話をする機能の維持・改善」と「回復」を支援し、誤嚥性肺炎の予防に寄与するように努めている運営会社は医療・福祉・介護業界のコンサルティングファームであり、この歯科業界において広いネットワークを持つ
企業理念「患者様本位」を常に考えて行動する。患者さんへの尊敬の念が基本となる。患者さんが「自分らしく生きられること」を最優先している。歯科に軸足を置き、歯科・医科・介護のワンストップサービスの実現と、安心・快適な地域コミュニティの創造をめざすご家族や介護事業者、ヘルパー、医師などが密に連絡を取り、身体だけではなく精神的な健康も視野においた質の高い訪問診療をめざす思いやりのある診療、高度で総合的な治療、スタッフ全員の人的な成長をめざす医療・福祉・介護業界は「人」がつくる。
この業界に関わる人たちが希望を持ち、楽しく、輝きながら働く環境をつくる
メリット歯科衛生士が医療相談窓口を担当している。
患者さんの相談や悩みに親切に対応してくれる。
スピード対応してくれる体制が整っているので急患対応を考えている方にもおすすめ。
訪問歯科だけではなく、その他介護の悩みもあれば、ひとつの窓口で相談することが可能料金シュミレーターにてざっくりとした費用の目安を調べることが可能訪問診療だけでなく、虫歯治療などの一般歯科、インプラント、審美診療、矯正歯科と幅広く対応してもらえる自宅でVE検査を受けることができる
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

わたしのおすすめを厳選したので、どれも魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。

一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。

注目すべきは福祉に対する姿勢や、特徴といったところでしょう。

また、訪問歯科の相談・予約サイトとして、その仕組や訪問開始後のサポートにも違いが見えるので、自分の希望や理想にあった訪問歯科相談予約サイトを選び、患者さんがご自宅や介護施設において、自分に合った歯科治療や口腔ケアを安心して受診していただければと思います。

往診とはどう違う?「訪問歯科」とは何か?


わたしも最初、祖母を「往診」してくれる歯科医を探すつもりでした。

でも往診というのは所詮、外来治療の出張バージョンのようなもので、1回ごとのサービスに過ぎません。

ネットで調べていくうちに「訪問歯科治療」というものがあることが判明し、「往診でなく、こっちだ!」とすぐに気づきました。

訪問歯科治療とは、「通院が困難な患者に長期治療を計画。それに基づいて継続的に訪問診療を行うサービス」

1回限りの「往診」ではなく、計画的・長期的に取り組む訪問診療サービスこそ、祖母には必要だと思いました。

■入れ歯のトラブルが最多

あとで判ったのですが、訪問歯科診療でもっとも多いのが「入れ歯の悩みに関する依頼」なのだそうです。

うちの祖母のように、在宅や施設に居るうちに、やせてしまって入れ歯が合わなくなる方や、外したまま入らなくなってしまったり、紛失されてしまうなど、たいへん多くの入れ歯のトラブルがあるんだそうです。

訪問歯科では、外来(通院)で受けられるほぼ同等の歯科治療が行えるそうです。

■口腔ケアの重要性

口腔ケアというと歯みがきを想像してしまいがちなんですが、実際は歯だけでなく、歯茎、舌、粘膜から入れ歯まで含めた部分の清掃も含んで「口腔ケア」と呼ぶのが正しいそうです。

口腔ケアが充分でないと誤嚥性肺炎(ごえいせいはいえん)など、全身疾患の原因にもなります。

脳卒中、狭心症、心筋梗塞、糖尿病の悪化など…。

歯肉の炎症が全身に多くの影響を与えることは近年の研究から徐々に明らかになってきているんです。

歯周病の予防こそ、全身の生活習慣病を予防すること。

口腔ケアは高齢者など、からだの弱った方にはとくに重要と言えるでしょう。

■口腔ケアには「咀嚼(そしゃく)」や「嚥下(えんげ)」のリハビリも含まれる

そして咀嚼、嚥下(飲み込むこと)機能の維持回復など、口から喉までのリハビリテーションも口腔ケアに含まれています。

祖母にもこれが非常に重要で、口からものを食べることができなくなると急速に弱ってしまうんです。

入れ歯が合わないと、飲み込む力も弱くなって状態は悪化していきます。

高齢者は食べる、または飲み込むために必要な口や喉の筋力が弱くなり、またそれぞれの働きがうまくシンクロできなくなります。

こうした症状は、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)が発症しやすくなります。

訪問歯科はひとりで歯科に通院ができない祖母のような高齢者をはじめ、からだが不自由な方、介護が必要な方が、診療や口腔ケアを受けるために欠かすことのできない医療サービスのひとつと言えるでしょう。

訪問歯科、治療費はどうなる?


たとえば、今回1位に選ばせていただいた「訪問歯科119番」で紹介してくれる訪問歯科では交通費・出張費はかかりません。

そのほかの治療費に関しては保険が適用されます。

■健康保険

<後期高齢者の方>

・75歳以上の方
・65歳以上で広域連合から障害認定を受けた方

定率1割自己負担 ※現役並所得者の方は3割自己負担

<前期高齢者の方(65歳から74歳の方)>

・70歳から74歳までの方は、2割もしくは3割自己負担

<障害者、生活保護の方>

各市町村の減免と同様の取り扱い、障がいの等級や収入で異なる。

■介護保険

【居宅療養管理指導】

歯科医師によるもの(月2回まで)

・お一人のみ指導 1回507円(1割負担の場合)

歯科衛生士によるもの(月4回まで)

・お一人のみ指導 1回355円(1割負担の場合)

■居宅療養管理指導

要支援や要介護と認定された方を対象としたサービス。

利用者の自宅に医師や看護師、薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士などの専門職が訪問、療養上の指導や健康管理、アドバイス等を行なう。

自宅でも安心して過ごすことが目的。

訪問歯科においては、「歯科医学的管理を継続的に行なう」「ご本人やご家族等に対して留意点をお伝えしたり、介護方法の指導や助言を行う」「歯科医師の指示を受けて、歯科衛生士が口腔内や入れ歯の清掃や食べ物を飲み込む機能に関する指導、助言を行う」などがあります。

ネット上の口コミや書き込みでも概ね高評価



患者さんたちの声を掲載している訪問歯科予約サイトもあり、読み進めていくと「歩行困難で従来の歯科医院に行くことができずに困っていたので来てくれて助かる」「認知症があるので、慣れた自宅で治療できるのは助かる」など、感謝の声が並んでいます。

携帯可能なコンパクトな医療機器があるため、歯科医院で受けられる診療はほとんど訪問歯科でも受けられるようです。

そして、認知症や精神障害のある方は、見知らぬ場所で機械に取り囲まれる外来より、ご自宅であれば落ち着いて治療が受けられますよね。

老人ホームで訪問歯科を意欲的になさっている歯医者さんのサイトでも、「認知症のある方には何度も自分が歯科医師であることと、今日が口腔ケアの日であることを伝える」「そうするうちに安心して口を開けてくれるようになった」という記述がありました。

そうした患者さんにとって、訪問歯科は欠かせないものになっていると言えそうです。

また、訪問歯科で診療や口腔ケアを継続するうちに「部屋のにおいが変わってくる」そうです。

「寝たきりの患者さんの部屋独特のにおい」と思っていたものはじつは口臭だったということですね。

そして訪問歯科で診療や口腔ケアを続けると、歯肉がピンクに変わってくるという報告も見られました。

当初は赤っぽく、訪問歯科を続けると健康的なピンク色に変化する。

つまり、それほど効果が大きいということなんですね。

これからも訪問歯科は多くの患者さんに喜ばしい変化をもたらすことでしょう。

まとめ


いかがでしたか?

訪問歯科について、また訪問歯科の予約・相談サイトについて、おわかりいただけましたでしょうか?

最初に書かせていただいたとおり、「歩けない祖母を若くも無い両親や女性の自分や妹がきちんと補助できるか」が不安になり、「歯医者さんに来ていただくことはできないものか?」と思い、ネットで調べたことが、訪問歯科を知ったきっかけでした。

「歯医者さんが自宅に来てくれるよ」と話したとき、祖母は心底うれしそうでした。

なぜなら祖母はたいへんおしゃれな女性で、「ろくに身づくろいができず、しかも不自由な姿を不特定多数の人目に晒されるのはイヤだ」という思いがとても強かったんだそうです。

わたしたちは訪問歯科に来てもらって本当によかったと思い、訪問してくださった先生や歯科衛生士さんに感謝しました。

訪問歯科はそんな風に患者さんの尊厳を守ることにも貢献しているんです。

大切なご家族がもし、自立歩行困難な状態であれば、ぜひ1度訪問歯科予約サイトに問い合わせてみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

記事一覧

訪問歯科は、対象者のところに歯科医や歯科衛生士が来てくれます。ただ訪問型のサービスの場合、気になるのが自宅以外 ・・・[続きを読む]
ここ数年、車のボディーに歯科クリニックの名前や訪問歯科などの文字が書かれた車が街を走っているのを時々見かけるこ ・・・[続きを読む]
あまり知られていませんが、通院するのに困難な患者さんのために医師が患者さんの自宅に出向く訪問歯科診療があります ・・・[続きを読む]
訪問歯科の一部は介護保険における居宅療養管理指導の適用が受けられます。 介護認定を受けている人が対象で、継続的 ・・・[続きを読む]
歯の健康というものは、体全体に影響する大きな問題でもあります。 しかし、歯科医療を受けることが難しいこともあり ・・・[続きを読む]
どんな人でも食べられる喜びを感じ口内のトラブルを解決することは、生活の質を維持するためにも大切です。 訪問歯科 ・・・[続きを読む]
高齢化社会が進むいま、訪問歯科診療が注目されています。 これまで内科の先生が患者さんの自宅に往診に行くことはよ ・・・[続きを読む]
歯の治療を受けたいど、年齢や病気や怪我のため通院するのが難しいという方に訪問歯科診療があります。 自宅にいなが ・・・[続きを読む]
訪問歯科サービスによる歯科治療や口腔ケアを受ける流れを把握しておくと、いざ利用する時に戸惑うことが少なくなるは ・・・[続きを読む]
訪問歯科を依頼するときには、自宅で準備しておく物があるのかなど細かな点が気になります。そのために電話をするのも ・・・[続きを読む]
訪問歯科は自宅や介護施設などにおいて訪問歯科診療を利用することができるクリニックです。 通院困難な人や要介護認 ・・・[続きを読む]
訪問歯科を利用する上でのデメリットとしては、一般的な通院時に比べて割高になることがあります。 また治療のために ・・・[続きを読む]
訪問歯科サービスを提供する施設が増えています。 選択肢が多くなるので、利用する側にとっても感激すべき状況です。 ・・・[続きを読む]
訪問歯科の中でも入れ歯のトラブルというのは最も多い悩みです。 それだけ多くの患者さんが困っていることがあるので ・・・[続きを読む]
訪問歯科は医療機関において患者を診ていた歯科医師や歯科衛生士などが、通院するのに困難な高齢者などの自宅を訪問す ・・・[続きを読む]
訪問歯科は通院が困難な方のために、自宅に出向いて歯の治療をする往診を行っています。 いざ訪問歯科を利用しようと ・・・[続きを読む]
食べ物が飲み込みにくかったり噛みにくい、食事の時にむせるなどの症状がある場合は摂食嚥下障害の可能性があります。 ・・・[続きを読む]
身体状況が悪化すると、通院するのもとても大変です。 しかし大変だからといって歯科を受診せずにいると口腔機能が悪 ・・・[続きを読む]
保険医療機関及び保険薬局に指定されるとほぼ自動的に居宅療養管理指導事業の許可を受けます。 この内容は訪問歯科の ・・・[続きを読む]
「訪問歯科」という言葉を聞いたことはありますか? 通常、歯科を受診するためには病院に行く必要がありますが、訪問 ・・・[続きを読む]
訪問歯科診療では、治療費について通院の場合と違い診療報酬が高めに設定されています。 さらには患者の自宅までの交 ・・・[続きを読む]
口腔ケアなどでトラブルがあったときには歯医者さんに行くのが一般的です。 しかし、様々な事情で通院が困難な人が多 ・・・[続きを読む]
「おばあちゃんを歯医者さんに連れて行きたいんだけど、歯医者さんは何度も通うわないといけないし、車椅子だと何かと ・・・[続きを読む]
高齢者や障害者の方は歯科の診察や治療を受けたくても通院が困難ということは少なくありません。 そして治療を受けら ・・・[続きを読む]